東京 40代

New Harmony Church(東京)|Hirokoさん(40代・社会人)

-本日はありがとうございます。早速ですが、Hirokoさんが最初に教会に通い始めたきっかけを教えていただけますか?

もともと生まれは新潟の佐渡島で、短期大学を卒業してから東京で働くようになったのですが、その職場の同僚がたまたま私の高校時代の同級生と知り合いだったんです。私が二人の共通の知り合いだと気づいたのは、私の旧姓の苗字がその同級生と同じで故郷に多い名前だったので話しながら分かったそうです。あまりに偶然な出来事なので、今思うと神様が導いてくださったのだと思います。それで、その高校の同級生と久しぶりに会うようになり、聖書を紹介してもらいました。

ただ、実はもともとは宗教に抵抗が強く、宗教と聞くとちょっと構えちゃう感じでした。なので、もし何かあればすぐに辞めようと思い、ずっと警戒感を持っていました。一方で、あまり勉強や学ぶことには興味はないのですが、なんとなく聖書を学べば自分がより良くなれるようなイメージがあり、せっかく教えてくれるのであれば聞いてみよう、というスタンスでしたね。

-なるほど。不安と期待が入り混じる中で聖書を学ばれていたのですね。実際に学んでみてから何を感じましたか?

コミュニケーションに関して180度、別人になるくらい自分が変化したことを感じています。もともとは人と話すのが苦手だったんですよ。中学校では学年で一番暗い人でした。人と喋るのが苦手で、自分の意見を言おうと思ってもいつもタイミング逃して言えない状態でした。

今振り返ると、そのようにコミュニケーションが苦手だった理由は、人を意識しすぎていたからだったと思います。御言葉を聞いてからは「人に合わせるんじゃなくて、神様に合わせればいいんだな」と思うようになりました。そのおかげでとても心が自由になり、自分が考えていることを人に伝えることもできるようになったし、人とのコミュニケーションを楽しめるようになりました。今では会社でもコミュニケーション力が一番高いと言われたり、どの部署でもうまくやっていけるね、とも言われるようになりました(笑)

-人と話すのが苦手だったとは今のHirokoさんからは想像もできないです。まったく別人のようにコミュニケーション力が高まったのですね。

-ところで、Hirokoさんには中2のお子さんがいらっしゃるということですが、子育てで意識されていることはありますか?

基本的に「やりたいことは全部やらせる」ということを大事にしています。本人がやりたいと思うなら、できる環境を最大限作ってあげて、逆にやめたい時にはすぐにやめさせてきました。そのおかげで、今や子どもは何でも自分からやりたいという積極的な姿勢でいますね。

子どもを自分の考えで育てるというより、神様が見た時に一番いい形にしたいという思いがこうした取り組みの根底にあります。子どもたちはそれぞれの個性があるので、「こういう風になってほしい」という思いを伝えるというよりは、どこから芽が出るか分からないので、とりあえず本人が興味を持ったことに対して、最大限サポートする環境を整えてきました。

-素晴らしいですね。「やりたいことは全部やらせる」という実践がお子さんの積極性や個性を伸ばすことに繋がっているのですね。

-その他に子育てをしながら意識されていることはありますか?

子どもが3〜4歳の時にショックを受けた出来事をきっかけに大きく変わったことがありました。

当時、幼稚園に行かせていた時、子どもが「幼稚園の先生は怒らないけど、ママは怒る」と言われたんです。その時とてもびっくりしました。なぜなら、幼稚園の先生は結構きつい性格で普通に怒っているところも見ていたんです。それで、なぜそこが違うんだろうなと思った時に、幼稚園の先生たちは怒った後のフォローがうまいことに気づきました。そこから、何か変えていかなければならないな、と思い始めました。

また、ある時、私が怒った瞬間に「ママが〇〇ちゃんのこと嫌いになったと思う?」と聞いたところ、「うん」といったんです。それでこのまま怒り続けたら、子どもはママからどんどん嫌われていくと思ってしまうんだ、と危機感を覚えるようになりました。

子どもにとって「親から愛されている」というのはとても大事な感覚だと思うのですが、怒ることがそれを妨げる原因になってしまうんだなと思いました。

その時から、怒ってしまった時には、その倍以上、愛していることを伝えたり、「失敗しても大好きだよ」と伝えるようにしてきました。「できなかったとしても大好きだよ。この愛は変わらないよ」ということをとにかく全力で伝え続けました。

そのおかげで、今は「何があってもママは自分のことを大好きだ」という安心感上で、何でもできるようになっています。

-「どんな時でもママが自分を愛している」という自信と安心感がお子さんの自己肯定感に繋がっているのですね。まさに無条件の愛でお子さんに接していらっしゃる実践の姿に感銘を受けました。本日はお忙しい中、ありがとうございました!

本日ご協力いただいたHirokoさんのブログはこちらのリンクからご覧いただけます!ぜひチェックしてみてください♪

また、Hirokoさんの所属するNew Harmony Churchはこちらのリンクからアクセスできます。