私は子供の頃から発症していた掌蹠角化症(しょうせきかくかしょう)が祈りによって癒された事を証します。
掌蹠角化症は頭や手、足の裏の皮が剥け、あかぎれを伴います。
また、眼科疾患もあり両方とも医学では治療法がない難治性の疾患です。
幼少の頃から症状がありましたが、病名も分からず治療法もない状況でした。

中学生の頃から頭皮の角化は治まり、両腋、胴体部分に激しい痒みを発症するようになりました。

また、2004年両手のひらが干ばつ時の湖の底のように皮膚が切れ、
黒くなり1年ほど続き治った後、2007年から毎年10月頃から4月末頃まで、両手の指の皮がボロボロ剥け、何十か所もあかぎれ、あまりの痛みで手が使えない状態が続きました。
いつも半年ほどで治っていましたが、2013年秋から治らず、今年の1月には
指先に爪肉芽種ができました。
過去数件の皮膚科にきましたが、病名もそれぞれ違い手の洗いすぎじゃないか?
と誤解されたり、ステロイド軟膏を処方され、漢方を勧められたりしましたが
悪化する一方でした。
そこで今年の1月に体調が悪化したと先生にお伝えし、お祈りしてくださいとお願いした後、
眼鏡を作りなおすため新しい眼科に行くと、症状と眼科に行く頻度を聞かれたので、
「大学病院に行っていましたが、ある時を境にドクターが頻繁に変わり行く必要性を感じられない」
と答えると
「もっと病院に行きなさい!良い眼科があるから行きなさい!」
と初対面にも関わらず熱く勧められ、
紹介された病院に行くと、以前大学病院で診察して頂いた先生がいらっしゃいました。
そして、私の酷く荒れた手も心配され試しに飲んだ眼科処方のチョコラAで
1年以上治らなかった手荒れが1ヶ月で8割回復しました。
また、皮膚と目は栄養的に関係が深いからと消化器系の検査を勧めて下さり、
別の総合病院に行き検査をする中で良性の大腸ポリープが見つかり取って頂き
1泊検査入院した後、家に帰ると夜~午前中にかけて腸から激しく出血し
改めて病院に行くと、出血多量でかなり危険な状態になりました。
そこで、輸血とビタミン剤の点滴をしながら治療を受けました。
かなり痛みを伴う治療でしたが、痛いときにこそ感謝だ! と思い、
心の中で神様と主に感謝を捧げ、数日間入院していました。
すると、1年以上荒れた手が・・・

 

 


2015.01.27あかぎれは減少しましたが角化が酷く指が曲がってきました


2015.07.19ほぼ100%治りました

 

数年間治らなかった足は8割回復してきました。
また、眼鏡を作り直すために行った病院で皮膚科も紹介して頂きそこでは
かゆみ止めの錠剤処方と大学病院で掌蹠角化症という病名が分かりました。
そして、6月初め愛する姉妹からウォルミョンドンの薬水を頂き
痒みがひどく掻きすぎて黒くなっていた肌に塗ると色が薄くなり
部分的に肌色が戻りました!
病気を苦に、落ち込んだり、悩んだり、神様を恨んで自殺を考える人たちがいますが、私は辛いときにこそ神様に感謝する精神を先生から学びました。

実際、毎日指がちぎれそうなくらい痛かったし、全身痒くて傷だらけだったし
誤解されることもしばしば、でも神様を恨む生(せい)ではなく神様に感謝すれば状況を変えて下さり、強靭な主の精神を与えて下さいます。
人は考えかた次第で、考えによって運命が左右されると私は先生に教えていただきました。
聖書にも
「神様はその人に耐えられない試練は与えられない(コリント人への第1の手紙10章13節)」
とあります。
今、つらい思いをされている方がいらっしゃったらヒトコト神様と主に感謝し、事情を伝えてみて下さい。
必ず状況が変わることを祈ります。 証できる人生を与えて下さった主に心から感謝します。

ありがとうございました。