私はこの教会に出会うまで、深刻なうつ病に悩んでいました。特に、自分自身のことが嫌いで、いつも自分を責めて、時には自分を傷つける癖がありました。いつも自分の存在を消したいと考え、誰にも会いたくなく、生きる力をなくす時が多くありました。

大学生の時に、摂理に出会って、聖書を学び、神様を信じ、イエス様を信じるようになりました。学んだ通りに神様を切実に呼んでお祈りをすると、涙がボロボロとこぼれ、今まで体験したことのない心の平安を得るようになり、本当に救われた、と思いました。

しかし、しばらくするとまた、以前のように自分を否定する考えが出てきて苦しくなりました。

「なぜ私は、続けて自分を害する考えをやめることができないのか?神様を信じイエス様を信じて救いを受けたはずなのに、、」と思いながら、ひたすら神様に祈りで尋ね求めました。

そして先生の説教を聞く中で、私自身が「自分の価値をあまりにも知らない」ということに気付かされました。そしてその心の病を癒し、私の価値を取り戻すようにしてくれたのは、私を無条件受け入れてくださる神様の愛と、御言葉による考え方の矯正でした。

先生は、私が考えていた神様と、実際の神様が、あまりにも違うということを教えてくださり、神様の愛は私の想像をはるかに超えた、無条件受け入れてくださる完全な愛だということを衝撃的に知るようになりました。

そして、数十年間染み付いた、自分を憎み、自分を殺すような間違った精神を矯正することは簡単なことではなく、諦めたくなる時もありましたが、先生の説教を通して、生きていらっしゃるイエス様を実感し、励まされ、向き合う事ができました。

御言葉を通して、イエス様が愛で私に近づいてくださり、繰り返し落胆し自暴自棄しても、何度も励まして再び立ち上がる力をくださったことが感じられました。もうあきらめたいという考えが、説教を聞いたことによって打ち破られたことが何度もありました。何をもってしても立ち上がらない私の心に、このような希望を与える言葉はどこにもありませんでした。

どこを探しても見つからなかった心の病の根本の原因をはっきりとわかったことで、今は自分自身の価値性を取り戻し、うつの苦痛から解放されました。それだけでなく、もっと自分の可能性に挑戦したいと思うようになりました。 そして自分の価値を知る分、他人の価値もわかるようになり、心から周りの人々を助けたい、社会の役に立ちたいと思うようになりました。それが今の私の原動力となっています。

自分がここまで回復できたことは本当に奇跡でした。 摂理に出会っていなければ、今私が社会に出て働き続けることさえもできなかったと思います。どんな深刻な心の病を持った人でも、無条件受け入れてもらえる存在、神様の愛に出会い、自分の価値を取り戻すならば、誰でも必ず苦痛から出てくることが出来ると、確信しています。

このすべてを導いてくださった、神様、聖霊様、御子と、御言葉を教えてくださった先生に心から感謝を捧げます。また、病に苦しむ多くの人が、キリストによる救いと癒しのみ働きを受けられるようになる事を願っています。