実家が元々仏教の檀家であり、田舎という事もあり、よく法事や様々な集まりがうちで行われていました。
また大学時代に少林寺拳法部に所属していて、仏教の教えに触れていたので、宗教や信仰に対しての抵抗感は最初からありませんでした。

摂理に出会い、御言葉自体は本当に矛盾が一つもないし、自分を変えてくれる。人生の答えを御言葉で見つけられると言う事はすぐに分かりました。
しかし、「信仰や宗教」=「苦しい時の神頼み」と言う先入観が本当に強かったのです。

だから、お祈りと讃美を自分でする事がなかなか出来ませんでした。

それなりに人生の問題にぶつかってきて、考え、努力して乗り越えてきた部分があります。
「御言葉を聞いても、結局、実践するのは自分。宗教や信仰に頼るのは弱い人間がする事」そんな先入観をなかなか抜け出す事が出来ませんでした。
摂理に出会い、御言葉を学び、自分でも少しずつ祈りと讃美の御力と必要性、価値、恵みを悟って10年以上が経ちました。その10年の間に自分の「信仰」に対する考えは大きく変わりました。

ひたすら神様・聖霊様・御子を信じ、愛してこられた先生。どんな悪環境や状況の中でも絶対に信仰が揺れる事も、捨てる事はありません!
「どうして、その状況で信じる事が出来るのだろう?」
そんな先生の姿は、私の「信仰」に対する考えを大きく変えるものとなりました。
「信仰は、弱い人間の頼るものではない。多くの人が厳しい状況になると信仰を捨て、自分を頼り、目の前に見える存在に頼ってしまう。
そうではなく、目には見えないけれど、いつも側にいて下さる神様・聖霊様・御子を信じ、愛する事が出来る人。最後まで変わらないその精神を持ち続ける精神が、本当に強い精神だ。」
とはっきり悟る事が出来ました。

状況や環境がいい時に信仰を持つのは簡単なことだと思います。

状況や環境が良くない時、目の前の存在や自分中心に逃げるのではなく、先生の精神『最後まで』を自分の脳に、考えに刻み込んで生きていきます。
今はもう祈り、讃美、御言葉なしの生はあり得ません。