「あなたは神様に愛されているんだよ」

よくわかりませんよね。

僕もよくわかりませんでした。

神様との愛が前提としてある、摂理の、

いわゆる「信仰生活」と呼ばれるもの。

僕は二年半前から始めました。

祈り、神様の御言葉を聞き、神様に感謝する日々。

「大変だねえ」と言われたこともあります。

なんでこんな生活を続けているのでしょう?

理由はもちろんたくさんありますが、

今回はそのなかのひとつをご紹介したいと思います。

僕には3つ違いの姉がいます。

飲み終わったコップを片付けることはしませんが、

他人思いの心優しい姉です。

僕が大学三年生のとき、姉には彼氏がいました。

その彼氏は、公務員として働くことが決まっていて、

姉との将来のために貯金しながら、家計簿なんかもつけていました。

いつ結婚するのか、という段階まで来ていました。

そんな彼氏が、ある日、スノーボードをしている最中、

コースを外れて木に激突し、脳死状態になりました。

昏睡状態が続く彼氏を窓越しに見ながら、

彼氏の親族から「延命治療をやめてもいい?」と、

究極の決断を迫られた姉。

「脳の損傷がひどく、このまま延命しても助かる見込みはない」

誰かがそう言っていたと思います。

延命治療が中断されたのは、事故のすぐ後でした。

結婚のための貯金や、将来のための家計簿、

あれは一体何だったのでしょう。

木にぶつかっただけで、すべてが無に帰したように見えました。

人生なんか一生懸命生きて何になる?

京都の下宿先で、1人、ずっとそのことを考えていました。

御言葉に出会ったのは、その数週間後でした。

御言葉を通して出会う1人1人に、何故か、姉のことを話していました。

誰にも言いたくない、と思っていたはずなのですが。

摂理の御言葉を学んだとき、人生は虚しくなんかないと、

初めてわかったからだと思います。

御言葉を聞きながら、神様と近くなった気がしました。

生活のなかで、神様に祈るようになりました。

姉が、家族が、そして彼氏の家族が幸せになるように祈りました。

そんな生活を続けて数週間、

妹と僕と、姉の3人で、屋久島に旅行することになりました。

もののけ姫のモデルになった、鹿児島県沖にある島ですね。

縄文杉含め、島全体が世界遺産に登録されています。

姉に元気になってもらうのが目的でした。

とても楽しみにしながら旅行の計画を立てていると、

妹が衝撃の一言。

「ねえ、台風来てるんだけど」

「神様、おい!」

思わず叫びそうになりました。

とにかく祈りました。

出発当日、天気は悪かったですが、

どうにか屋久島行きのフェリーは無事出港。

海は大荒れ、風がものすごかったです。

しかし、一晩フェリーで過ごし、屋久島に着くと、

いつのまにか空は晴れ渡っていました。

アメダス天気予報図であれほど存在感のあった台風が、

突然進路を変えていたのです。

まぶしい日差しを見ながら、神様に感謝しました。

それでもまだ油断はできませんでした。

翌日以降の降水確率は90%だったのです。

神様、あのときの悲しそうな姉の顔を見たでしょう??

すべての人の祈りを聞いてくださる神様なのでしょう??

そんなことを思いつつ、民宿のお風呂に浸かりながら、

神様に祈りました。

「とにかく姉がこの旅行で元気になりますように。

傷ついた心が少しでも癒されますように。

そして神様を少しでも感じられるように。」

そして翌日。

レンタカーで、浜辺や、灯台のある岬などを見てまわりましたが、

僕たちが車に乗ると大雨が降り、外に出ると晴れました。

どこへ行ってもそんな感じでした。

ワケがわかりませんでした。

そしてその日の最後、ウミガメの産卵で有名な浜辺へ行きました。

空は真っ黒な積乱雲でいっぱいでした。

海風に吹かれながら海を見ていると、突然、

積乱雲の間から、御光のような光が降り注ぎ、

天使のはしごができました。

post01

まっすぐ伸びる天使のはしごを指差しながら、姉が一言。

「神様がいる!」

ビックリして姉の顔を見ると、本当に楽しそうな顔をしていました。

信仰心のかけらもない姉が、神様を確かに感じていました。

これまでしてきた祈りが、すべて現実になりました。

嬉しさのあまり浜辺で踊ったのは、人生で初めてでした。

僕のそばで祈りを聞いてくださり、

天気を通して僕の家族に力を与えてくださった神様。

このように自分を愛してくれる存在は、神様しかいないと悟りました。

人間は、冷めたり、変質したり、

ある日突然いなくなったりしてしまいます。

しかし、神様の愛だけが変わらず、永遠だということを教えてもらいました。

神様の愛は、脳で感じるのだと、御言葉で教えてもらいました。

その御言葉をもとに、ある人が歌をつくっていました。

-Brain Love-

All day all night,

no matter where you are.

Everyone,

in a million different ways,

can feel this love.

今日も僕は祈り、神様の御言葉を聞き、神様に感謝します。

今日も僕は信仰生活を送ります。