よく人から

「え?そんなもの買う人いるの?」と言われます。

自分も入社した当時から、確かに販売するのが大変だと思いつつ10余年…

数多くの同期入社の人たちが辞めていきました。

もし私が御言葉を聞いていなかったら、同じ運命を辿っていたかもしれません。

ここまで続けてこれたのは御言葉があったから。

いつも主が共にしてくださるからです。

そもそも私の中では御言葉自体が、同じ販売することが難しい”商品”だという感覚があります。

でも、なくてはならない存在、それが御言葉です。

御言葉を得るためには個人差がありますが、ある一定の時間がかかります。

私の扱う商品も購入頂けるまでには時間がかかります。

なぜ時間がかかるのか。

それは必要性を分かって頂かないと、購入して頂けないからです。

だけどご購入頂いたときには何ともいえない感動があります。

なぜなら私の扱う商品は私の分身の如く、一生ご自宅に置いて頂ける可能性が高い商品だからです。

え?何の商品を販売しているかって?

…話を続けます。

今年は考えについての御言葉を沢山、頂きました。

人は考え方次第で、天国にもいけるし地獄にもいけます。

基本、私はその昔、地獄に行く方の考え方が得意でしたので、本当に御言葉に救われました。

文字通りですが、天国に行くために必要なのが御言葉です。

とにかく御言葉は、

食べてみないと味が分かりません。

ドリアンを想像してみて下さい。ドリアンが嫌いな人はすみません。

私は好きなので、例えですが、臭くてこんなもの食えるか!と一瞬思いますが、

口に入れるとなんどデリシャスな食べ物です。

一度は口に入れてみないと美味しさは分かりません。

余談ですが、よく食わず嫌いという人がいます。私にはそれが理解できません。

とりあえず一度は食べてみようよ、という感じです。

最近の世の中の商品はインターネットが普及して、

数100mに1つコンビニがある今、いつでもどこでも簡単に手に入れられる時代です。

昭和な話で申し訳ありませんが、ドラゴンクエストを大行列を作って並んで購入していた時代が

夢のようです。(平成生まれの方はごめんなさい。今でいうとiPhoneの新型機種の発売日か、

ディズニーランドのアトラクションにファストパスを使わずに並んでいる感覚でしょうか?)

でもそんな世の中だからこそ、時間をかけて得るものに価値があると思うのです。

それが私の扱う商品であり、御言葉だと思います。

簡単に手に入れたものは、すぐに飽きて捨てます。

簡単に得られないものにこそ、真の価値があります。

御言葉を送って下さる先生の御言葉は本当に活き活きとしていて鮮度がハンパないです。

先生が厳しい環境で御言葉を受けるようになってからも鮮度が全く落ちないし、

むしろ私は厳しい状況の中で先生が受けた御言葉にこそさらに魅了されました。

やはり本物だと益々確信しました。

人は調子がいいときに力を発揮できるのは当たり前ですから、厳しいときに実力を発揮できる人が真の実力者だと私は思います。

…これはお客様に言われてはっとしました。

私の扱う商品も肌で感じて頂きたいので、お客様に体感して頂くことが多いです。

…すみません。化粧品の営業マンではありません。

そして私自身がその商品を深く愛することが一番大事です。

やはり一番大きいのは愛です。神様の愛です。

神様の愛が御言葉です。

全てはそこが根源です。仕事もプライベートも全てはそこに繋がります。

今年も残りわずかですが、あと1台に苦しんでいます。

でも御言葉を実践すれば必ず道は開けると信じています。

今年も本当に苦しい状況の中で、育て導いて下さった主に心より感謝いたします。

以上です。

あ、最後に私はピアノの営業マンです。