© 摂理 – キリスト教福音宣教会~信仰の証~ All rights reserved.

私が見てきた先生

こんにちは。私はキリスト教福音宣教会の牧師を務めており、また二児の父親でもあります。

私がこの教会に導かれたのは、大学4年生になる直前の春休みでした。正直いってそれまでの私は、世間から見たらそれなりにうまく成功していた人生でした。

しかし、私は小学生のときから、自分は何のために生まれ、どのように生きるべきか、人生の意味と目的を知りたくて悩んでいました。それで多くの本を読んできましたし、大学のゼミでも哲学を専攻し、様々模索しましたが、その答えを得ることができませんでした。

そんな折に友人から勧められ、この教会で聖書を学ぶようになりました。そこで初めて胸がすっとする答えをもらえて、人生の問題が解けました。

それだけでなく、教会の人たちはとても温かく、人として尊敬できる人ばかりでした。彼らが先生の御言葉と人格を学んでそのように成長したとわかり、驚きました。

同じくヨーロッパ、アメリカ、アジアと世界各地で同じ教会の人たちと交流する機会が何度もありましたが、先生の教え通り、キリストの愛と平和の精神が息づいていて、初めて会った人たちなのに、ずっと共にしてきた親友のように仲むつまじくする日々で、本当にここは平和世界だと認めざるを得ませんでした。

だから、私も自然とこのような生き方をしたいと思うようになりましたし、その原点である先生の愛の精神を学ぶことで、元々描いていた世界平和の夢も、必ずなせると思いました。

実際、私自身が変化しました。なくせなかった性格の短所も少しずつなくし、これまで考えていた狭い考えやビジョンが大きくなっていきました。

そして何よりも大きかったことは、創造主神様、聖三位をはっきりと知ることができたことです。私はミッション系大学の出身で、聖書も必須科目でしたが、そこでは全く価値も意味もわかりませんでした。

しかし、先生の教えは圧倒的に説得力がありました。実は、後でいくつかの宗派の教会などに足を運んだこともありましたが、非常に物足りなく感じられました。

なぜなら、先生の教えは、見えない神様を、キリストの精神そのものを自らが実践し、その体験を教えてくださったからです。だから聖書で書いてあるキリストの教えと生き方をたやすく理解できました。

たとえば、初めて会う人たちにも無条件、ひたすら与え、仕え、愛し、ほかにも無条件赦すこと、敵を愛すること、このように到底できないだろうと思われることを、実際私たちの前で行なってくださったので、神様の愛が実在するものとして理解を深め、受け入れることができました。そして自分自身が、先生のおっしゃる御言葉通りに行なうたびに、神様のみ働きを頻繁に体験したので、その信仰が確信へと変わりました。

私が直接お会いした時の先生は、「ただ主神様」の哲学通り、神様をひたむきに愛する姿であり、目の前にいる恋人に仕えるようでした。毎日朝早くから神様への祈りと礼拝を欠かさず捧げ、いつも神様の愛について人々に伝えていました。

そして同じく私達にもそのように接してくださいました。いつお会いしても、変わることなく家族以上に、片思いの恋人に仕えるように接してくださいました。隣人を愛する愛です。

日本に来られた時も、朝から私たちの願う通りに寝食共にしてくださり、夜には行列ができるほど多くの人の相談、面談に徹夜になっても応じてくださり、最後の最後まで一人ひとりに惜しみなく持てるもの全て与えていかれました。

最後に、お子さんが信仰を持つことにご不安、もしくは悪意ある悪口や噂を聞いて、ご心配される親御さんもいらっしゃると思います。しかし、ぜひお子さんの今の姿と胸のうちに向き合って、話を聞いてあげてください。

ここに来る人たちは、あまりに退廃して堕落した社会の中で、たくさんストレスを感じながら、本当にそのような生き方でいいのか、人生について将来について真剣に向き合っている人たちが多いです。私もそうでした。

正直、私が学び始めた当時も、宗教が世間を騒がせており、私自身宗教への抵抗感と警戒心は非常に強かったです。

しかし、その中で先生とその教えに出会い、その哲学、生き方が、真実な愛と平和に基づいた、人として尊敬すべき真実なものでしたので、受け入れるしかありませんでした。むしろここに人生の希望とビジョンを見出すようになりました。今は毎日が感謝し喜ぶ、何の心配もない人生を過ごしています。

実際、考えてみてください。お子さんが、いつ犯罪や事件に巻き込まれるか知れない社会状況において、そういう危ない世界から距離を置き、酒もタバコもしない健康的な生活をし、不倫その他性的堕落やギャンブルなど自堕落な生活にも溺れず健全に、かつ人生を前向きに喜んで生きている姿は、むしろどれだけ親に安心を与えるものでしょうか。私は子を持つ立場になってみて、このように教育してくださった先生に感謝をするしかありません。

私は先生という替えがたい人生の師に出会い、人生が転換するようになりました。

今も、国を問わず多くのひとたちが、先生の教えを通して、聖三位、神様を信じることで、高慢から謙虚への人生、不平不満から感謝の人生に変化し、また生まれたことや生きていることを、親にも神様にも喜び感謝する人生に変化していっています。

ぜひ一度私たちの教会へ足を運んでいただいて、愛と平和という聖霊が満ち溢れ、真理があなた方を自由にするであろうという、本当の意味で満ち足りた人生を体験する機会をお持ちいただけると幸いです。ありがとうございました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

201511/15

お祈りを通しての癒しのみ働き

私は子供の頃から発症していた掌蹠角化症(しょうせきかくかしょう)が祈りによって癒された事を証します。 掌蹠角化症は頭や手、足の裏の皮が剥け…

ページ上部へ戻る